GARMINインプレッション

f:id:take07233954:20181205002501j:image

 

GARMINという存在を知ってから1年ちょっとが過ぎました。

実際に使い出したのは2月頃からですが。

f:id:take07233954:20190108170725j:image

 

1年使って見ての感想を。。。

長いですので。。。

時間のあるときにどうぞ。。。

 

さてさて。。。

なかなか上手く話していけるか問題ですが。笑笑

 

まず現在のセッティングを。。。

 

本体 GARMIN echomap plus95sv

振動子 GT-51M-TM

 GPSアンテナ 

ヘディングセンサー

ニューペック海底地形図

NMEA2000でヤマハF70船外機情報を本体で確認出来るようにセットしてあります。

 

サブ機 ホンデックスps-800GP

 

という感じで運用しているわけですが。

まずechomap plus95svですが。

低価格モデルながら釣りに必要な機能のほとんどが備わっています。

詳しくはGARMIN代理店G-fishingさんのホームページで!笑笑

 

GARMIN機能紹介。。。

 

GARMIN魚探のイチオシ機能!

〈クイックドローコンターズ〉

f:id:take07233954:20181205004209j:image

30立ち

f:id:take07233954:20181208003516j:image

カマグリ
f:id:take07233954:20181208003504j:image

カビグリ
f:id:take07233954:20181208003510j:image

バカグリ

 

通常の魚探プロッターにはあまり搭載されていない機能 〈自動等深線作図機能〉 です。

 

魚探で測っている実際の推進から計算し海底の地形を実測で地形図を作成してくれます。

現在他メーカーの魚探でも使える機能になってきましたが、他のメーカーの追随を許さないのはその作成速度と保存容量です。

実際にこの1年でかなりの地図を作って見ましたが1ギガ超えることにはなりませんでした。

多分実質クイックドローを使いながら釣りをしている時間が200時間以上はあると思います。

それでもほとんど容量を使わない所はかなり助かり事なのです。

作成速度もですが海底をロストしなければ作図してくれます。

より正確にしたければゆっくり走った方が確実なのですが。。。。

かなり楽に広範囲の地図を作成できる事は間違いないのです。

 

〈スクロールバック機能〉

f:id:take07233954:20181205004159j:image

 

これも他社でも使える機能ではありますが。。。

通常魚探、クリアビュー、サイドビュー

どの魚探画面からでも魚探映像を遡ってマーキングをする事が可能です。

実際にはクイックドローで凹凸の位置を見つければ釣りの展開は楽になりますがこの機能でより正確にポイントへ辿り着けます。

それと平坦なのに魚が良くつくポイントなども正確にマーキングすることが出来ます。

 

使用方法

f:id:take07233954:20181209185425j:image

まず反応や凹凸を見つけたらこの部分をタッチします!

f:id:take07233954:20181209185723j:image

十字の線が表示されます。
f:id:take07233954:20181209185659j:image

見つけたポイントをタッチして十字の部分を持っていきます。。。

この時ちょっとミスタッチが起こったりするところがタッチパネルの問題点でもあります。
f:id:take07233954:20181209185704j:image

合わせたらこのウェイポイントマークをタッチしてマークを打ちます。
f:id:take07233954:20181209185709j:image

ウェイポイント情報が表示されます。

このまま戻るボタンをタッチすると。。。
f:id:take07233954:20181209185715j:image

通り過ぎた所にウェイポイントが打たれています!

あのポイントにもう一度流れるように船を当てれば同じポイントを流す事が出来ます。

クイックドローで地図に表示されない凹凸などはこの機能で捉える事が可能です。

ウェイポイントはマークの形も沢山あり名前も記入出来ます。

 

〈通常魚探 チャープ方式〉
f:id:take07233954:20181205004204j:image

f:id:take07233954:20181208004145j:image
f:id:take07233954:20181208004314j:image
f:id:take07233954:20181208004151j:image
f:id:take07233954:20181208004156j:image

通常魚探の音波発信をチャープという方式で発信しています。

簡単に説明する事しか出来ないのですが。

今までの方式だと

一回の音波を発信したらその音波が戻って来たら次の音波を発信する

という方式から

音波を連続して発信出来る

という形になったのです。

これによりより細かに地形や魚を捉える事が出来ます。

ちょっとアナログ魚探との違いが分かるような画像が無いのが良く無いですが。

 

それともう一つの大きな違いが。。。

周波数の違いです。

基本的なアナログ魚探は50-200ヘルツという

二つの周波数が多く使われています。

アナログ、デジタル、ブロードバンド

中には変更出来るものもあると思いますが

GARMIN 魚探はこの周波数をかなり細かく動かせます。

80-160ヘルツだと10段階程度で変更出来ます

このとき表示が下方を表す範囲度でも表示されるので低角度か高角度かわかりやすく設定できます。

そして。

ヘルツ数が違うという事は。。。

他の魚探とは混同しません。

ノイズが入らないということです。

同じGARMIN チャープ魚探が同じ周波数を選択している人が近くに居れば混同してノイズが入るかもしれませんが。

この際にもちょっと設定をすればノイズが入りません。

ホンデックス側の周波数は50-200なので。

親父の船に近づいたらノイズで全然わけわからんくなります。笑笑

 

〈サイドビューとクリアビュー〉

f:id:take07233954:20181205004215j:image

◎サイドビュー

船の真下ではなく両サイドを写真画像のようにして写し出します。

これにより海底の凹凸やベイト反応がどちらのサイドにあるのか確認しやすくなります。

f:id:take07233954:20181209191651j:image


f:id:take07233954:20181209191646j:image

ホンデックス側は50ヘルツの広範囲で表示しています。

広範囲で表示した場合振動子から発射されたビーム幅が25度範囲だとするとその範囲に映った物が2Dで前後に有ろうが左右に有ろうがそのまま表示されます。

f:id:take07233954:20181209191859j:image

それをこのようにどちらにあるか判断しやすいようになります。
f:id:take07233954:20181209191655j:image

これはカビと大久黒島の水道を通った時のサイドビューの映像です。

ストラクチャーがハッキリ分かりそれに合わせウェイポイントを打てます。

今発売されているライブスコープなんかだともっとリアルタイムで相当はっきり映ると思います。

 

 


f:id:take07233954:20181205004220j:image

◎クリアビュー

真下の範囲を写真画像で写し出します。

ロープが張ってある所を通った画像ですがしっかりとストラクチャーと魚の区別がつけやすくなっています。

本当は200メートルほどの水深まで行ってみてその深さでもある程度区別がつけれるぐらい映るのかを

してみたかったのですが。。。年末海に出れず画像が取れませんでした。。。

実質いままで自分が行ったことあるのは140メートルラインまでですがちゃんとロストせずに映っていました!

ちょっとクリアビューが画像がすくなかったですね。。。

上にも書きましたが今発売されているpanoptixlivescopeやULTRAHIGHーDEFINITIONなどのハイスペック機だと

相当綺麗に映ります。

ですが50メートルぐらいまでが今の所の使える深度なので海ではまだ厳しいかもしれません。。

シーバスやメバルなどを海岸付近で狙うのには相当使えるかもしれません。

魚の動きやジグの動きなどもリアルタイムで確認出来るのでサイトフィッシングのようになり

また一つ楽しみが増えるとも思います。

特にタイラバやインチクなどのゆっくりあげてきて魚が追いかけてくるようなリグだと相当面白そうです♪

まぁその分お値段はお高いんでしょーーー?とそのままお高いわけですが。。。(笑

両方つけたらいくらになるやら。。。(笑)

付けれたら楽しいんだろうなぁ(笑)

赤水の時期や青物なんかは沢山映って楽しいだろうなぁ♪

宝くじでも当たったら付けようかなぁ。。。

買わないから当たらないですけどね!!!

 

そして。。。そして。。。

最近触る機会があったので。。。

紹介を。。。

<GPSMAP1022xsv>

f:id:take07233954:20181208014630j:image

レーダーも接続可能なモデルです。

f:id:take07233954:20181208014556j:image

高速キーパッド搭載モデルになります。

2CPU2GPUで快適に動きます!

GPSMAP1022xsvは振動子の接続は一個となります。
f:id:take07233954:20181208014637j:image

GPU搭載のおかげでレイアウトも充実しています!
f:id:take07233954:20181208014624j:image

4画面分割を色々な形で表示できます!
f:id:take07233954:20181208014613j:image

今までの2分割でも10インチになるだけで結構大きく感じます!
f:id:take07233954:20181208014546j:image

キーパッドの使用感もかなり良かったです!

タッチパネルからだと慣れるのに時間はかかると思いますがこれはこれでミスタッチが少なくグローブをしていても操作できるし濡れても操作しやすいのも特徴になると思います!

タッチパネルじゃない事もあり画面が気持ち綺麗です。

 

 

<GPSMAP7407xsv>

f:id:take07233954:20181209233539j:image

フラッグシップモデルになるのかな。

ほとんどの機能が搭載されています。

こちらも2CPU2GPU搭載のモデルで

こちらはタッチパネルです。

GPSMAP7407xsvは振動子二個を同時に使えるモデルとなります。

GPSMAP1022xsvとOSはほとんど同じだと思われますので同じタッチパネルのechomap plusとの違いが大きいのでそこをあげていきたいと思います。

上に8000シリーズがありますがとてもじゃないけど買える値段では無いです。

本体だけではほとんどのシリーズが何にも出来ません。

魚探回路やオプション品をつけて初めて本領を発揮するモデルですので。。。

実質的に7000シリーズがフラッグシップとなります。

 

まず1番最初に思ったのは。

タッチ操作の反応が物凄くいい。。。

かなりミスタッチが減ると思います。

画面の切り替わりなど動作が速くてストレスフリーです。

 

そして。。。

f:id:take07233954:20181208014541j:image

f:id:take07233954:20181208014607j:image

この画面なんですが。。。

f:id:take07233954:20181209234405j:image
f:id:take07233954:20181209234415j:image

マルした部分。

これはエコマップには無いのです。

エコマップは個別の画面にタッチすると全画面表示になります。

それによりミスタッチする事がおおくありました。

戻るボタンも下からメニューバーを表示させて戻らないといけないです。

f:id:take07233954:20181209234656j:image

この状態でウェイポイントを打てます。

エコマップでは十字の部分を動かそうとすると全画面表示になります。

戻る動作をしなくてもいいのも釣りに集中できます。

この戻す動作などの所でタップミスで多少ストレスがかかる事もありましたので

この機能はかなり欲しい機能だと思っていましたが

機器ランクで変わっているという事はもしかしたらあとでアップデートでECHOMAPにも反映されるかもしれませんね

ただ本体の機能の差が結構大きいと思うのでそこらへんの理由で反映されていないのであれば

反映されないかもしれませんね。。

 

sdカードスロット
f:id:take07233954:20181208014550j:image

GPSMAPシリーズはSDスロットが二個になります。

保存用に別のカードを使えるしバックアップにも安心です!!

GPSMAPシリーズを二台搭載したら四枚カードが刺せるわけです。

魚探画像の録画や専用のカメラなどでの録画が出来るのでその分の容量を確保するのにスロットが増えているのだと思います。

 

GPSMAPシリーズはアクティブキャプテンを使って

スマホとのミラーリング出来ます。
f:id:take07233954:20181208014530j:image

今回は普通のスマホミラーリングしてみました。
f:id:take07233954:20181208014617j:image
f:id:take07233954:20181208014534j:image
f:id:take07233954:20181208014633j:image
f:id:take07233954:20181208014602j:image

この機能を使えば1022xsvのキーパッドのモデルをタッチ操作する事も出来ます。

 

それで自分の思った使い方は。

細かな設定を変更する時に画面を埋め込んだりしていたらとても操作しづらいと思います。

ミラーリングできる距離にもよりますが。。。

寒い時に車の中から設定。。。

なんて事も出来ます。

手元で操作できる事はそれなりにメリットあると思います。

 

スマホタブレットで画面を録画したりスクショしやすいのも助かります。

全然写真撮れてない自分がゆうのもちょっとおかしいですが。。。笑笑

これでもうちょっと画像増やせたらいいかなぁとか。笑笑

 

 

 

 

とりあえず総括ですが。。。

仕事ではJRC、FURUNO

プライベートではHONDEX、GARMIN

コーデン、ローランス、ハミンバードなどは触った事がないので出来れば触ってみたいですねぇ。。。

今のところ4社の魚探やらプロッターやらレーダーやらを触ってはいますがどこも特色や便利な機能があります。

1番触っているのは釣りで使っているGARMINとなりますしメインで入れたのでそりゃ1番使っているわけですが

この一年でポイント開拓も相当に進みました。

ここはやはりGARMIN魚探プロッターのおかげとしか言えません

ほかの人に教えてもらってもたどり着けなかったり見失ったりとなかなかに時間がかかるものですが

一度見つければスクロールバックやクイックドローでポイントをすぐに記録する事が可能です

四季やその日によっての反応の差もハッキリと画像に出てきます。

釣れないときは潮悪で釣れないってのは仕方の無い事ですが。。。

ピンポイントに落として釣れていないという事実が得られる事も見切りが早くなるのも利点です。

こうしてデータをとっていけばそれなりに早く攻略できたり新しくポイントを開拓出来たりと

効率よく回っていけると思います。

またこれからも情報を配信出来たらと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

気になる方は

ガーミンホームページで!

http://www.garmin.co.jp

 

G- fishingさんのホームページをPC表示で見ると分かりやすく見れます!

http://www.g-fishing.com/smartphone/

 


島での購入はヨコタオートアンドマリンさんへ!

https://www.yokota-autoandmarine.com/

あけましておめでとうございます!

と。言うことで。

 

 

かなり遅くなりましたが。笑笑

 

 

皆さま。

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

 

今年はなんともなんとも寝正月というしかないほど寝正月となりました。(笑)

結構早めに休みになっていたので大掃除も早めに終わらせ。。

早めからゴロゴロ。。。

忘年会や家族での集まりなどでいいもんをたくさん食い過ぎましたね。

年末年始には周りからも美味しいものたくさんもらうので。

冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいに。。(笑)

 

いやーーーー。食べましたねぇ。。

酒飲まない分甘いものたくさん。。。

 

そして。。。

釣り納めにはいけませんでしたが初釣りへ!!!

s級の地磯へ。。。

よこいし

ってところらしいです。。

ほんとは沖の裏へ行こうと思ったのですがあまりにも時化ていたので。。。

西側から東側へ降りる所を探して。。。

 

どこもかしこも人だらけ!!!!

のりた、タナノ崎、エララギ、タタミ。。。

東側は人だらけだったようです。。。帰りにもまだ釣りしてる人の車がありました。。

 

f:id:take07233954:20190108171022j:image

初めて行ったのですが本場の先端には波が来ていけませんでしたが。。。

いい場所でした♪

ただ行き道も結構危ないので相方無しの重荷物ではとても行けそうにありません。。。

f:id:take07233954:20190108171128j:image

屈強な相方のお陰で行ってない地磯がどんどん消化されていきます。。

それにしても先人はすごいものです。

この道を開拓し攻略していったわけですから。。。

崩れたりして正直地磯というのはとても危険です。

一番危険なのは山が崩れる事です。。

自分で踏み外したら自己責任かもしれませんが近年の異常気象でかなり道が変わっていたりする事もあり

やはり自然とはすごいもので人間の力では到底勝てません。

先人がされたように道を整備しないといけませんね。

 

そして。。。肝心な釣果ですが!!!

 

 

玉砕。。。

 

(笑)

 

 

30センチまでがぽろぽろ釣れましたが大きいのは無しです。(笑

最初は北向きのワンドでやっていたのですがあまりの風に断念。

南向きのワンドへ。

北向きはタタミの青島が見え

南向きは飯美崎付近の洞窟側が見えます。

 

どちらも先端からは一回り下がるので相当浅かったです。。

二人ともナイスサイズの石鯛に遊ばれましたが。(笑)

俺の歩くスピードが遅すぎたので釣りをする時間が短くなってしまいましたが楽しい釣りではありました♪

それにしてもやはり水温が高いのか活性はかなり高めでしたが。

やはり冬は冬のようで冷たい風と太陽さんが消えたら一気に活性が変化。

口を使ってくれないわけではないのでまだまだ釣れると思いますがいつ変化してくるのか怖い所ですね。。。。

また天候と会えば出かけて見ます♪

 

先日。。。

仕事して車に乗ろうとしたら。。。。。。

f:id:take07233954:20190108171142j:image

師匠のいたずらが!!!(笑)

今度地磯行くときにこのロープは相方にあげよう。。(笑)

その後帰って各竿のメンテナンスを・・・

 

毎回洗っておいてはあるので今日はタックルエリクサーでコーティング処理を。
f:id:take07233954:20190108171118j:image

年末に手首と腰をやってしまい。。

全然釣りに行けずじまい。。。

メバルに全然行ってないのでメバルにも行きたい時期ですねぇ♪

f:id:take07233954:20190108171136j:image

全部ピカピカになりました♪

このタックルエリクサーというメンテナンス剤ですが

かなり良いです♪

撥水という点ではボナンザの方がいいかもしれないですが

傷を軽く埋めてくれたり、その後の汚れに強くなったり、サビにも強くなったり軽いサビなら落とせます。

ルアーなんかも最初にこれをしておくと結構サビに強くなります。

それと便利なのはなんでもと言って良いぐらいいろんなものを磨けます。

ギターなんかの塗装面も磨けます。

汚れも落ちて艶も出でて軽い傷も目立たなくなります。

油や余計なものが入っていないので安心して使えるのが便利な理由です♪

 

 

 

そして!!!

同級生のお姉さんが始めた。。。

100たろうカフェ。

役場からウェルネスへ行く登り坂の所にあります!!

f:id:take07233954:20190108171122j:image

まだ軽食はないようで今はデザートとコーヒー各種と紅茶がありました!
f:id:take07233954:20190108171131j:image

コーヒーの種類が豊富です!!

コーヒーの匂いがとても好きなのですが

苦いのが苦手なのです。。。

そう!!!カブトムシと呼ばれる甘党なのです。

出来ればカフェオレで飲みたい。みたいな。。。

ブラック。。。が苦手なのです。。

スッキリ系は行けたりするのですがせっかく飲むなら自分が美味しく飲みたいですしね。

今回は店のオリジナル100タロウブレンドを飲みました♪

店の雰囲気に負けてミルクと砂糖ってお願いするつもりがミルクだけに。。。(笑)

大きな声で喋れませんでした。。。。(笑)

でもスッキリした飲み口で甘いケーキと相性抜群でした♪

今度はがっつり甘くして飲みたいですねぇ♪

デザートも何種類かあったので全部頼んで見ましょう♪

またお茶しに行ってみます♪

 

釣り丸。インプレッション

と。。。。言うことで。。。

あくまで個人的な意見です。笑笑

松美丸さんから発売されているインチク!

 

釣り丸。

f:id:take07233954:20181204210451j:image

f:id:take07233954:20181204210534j:image

110グラムしか新品予備しか写真ないのですが。笑笑

 

f:id:take07233954:20181130233507j:image

こないだのマハタ。。。

f:id:take07233954:20181130233829j:image
f:id:take07233954:20181130233838j:image

f:id:take07233954:20181130233833j:image

などなど。。。

f:id:take07233954:20181130233908j:image

実はこのヒラマサも。

時期や潮にもよるかもしれませんがかなり頼れるリグです。笑笑

 

ラインナップは今のところ。。。

90グラムと110グラムの2種類。

特徴はステンレス製である所。

なかなか無いんです。ステンレス。

カラーは船長の気分次第で色々出てきます。笑笑

動きや形状についてはまだまだ勉強不足なのであまり上手く伝えられないですが。笑笑

 

使っている時のイメージだとゆらゆらしながらも安定してるというか。。。

釣り丸ツインがイレギュラーなフォールを生み出すのとはなんかちょっと違って巻き上げてる時にしっかりゆらゆらしてくれる気がします。

ここで操ってる人の意思とは反してイレギュラーな事が起こらないのもいい点だと思っています。

こちらの出す動作を素直に受けて動いている感じですかね。

 

と。言うことで。。。ちゃんと性能を維持すべくアシストを作ろうと思うので。。。

新品を解剖。笑笑

f:id:take07233954:20181129152418j:image

ロームシルバーの釣り丸。
f:id:take07233954:20181129152449j:image

オールマイティに使えるタイプで

色々なタコベイトと相性が良さそうです。
f:id:take07233954:20181129152422j:image

この針向きや長さの加減を自分なりに詰めていきたいわけですが。。。

それなりに色々作っては見てるのですが。。。。

狙ってる魚やその時期のベイトに合わせたカラーを取り付けて使えたらいいかなーと。


f:id:take07233954:20181129152433j:image

この三つのパーツで構成されています。

本体

タコベイトフック

Jフック
f:id:take07233954:20181129152427j:image

ロームの感じが素晴らしく綺麗で強いです。


f:id:take07233954:20181129152439j:image

タコベイトもバラすとこんな感じです。。。

企業秘密なのかな。。。

まぁ。

許していただこう。。。笑笑

 

ちなみに!!

 

自分で作るのなんて無理!

めんどくさい!

 

って方は!

 

ちゃんと売ってます。

某釣り具店で聞いちゃってください。

無かったら電話してくれますよ!笑笑

 

さてさて。。。

f:id:take07233954:20181130235331j:image

先ほどの画像へ。。。

あまり細かい所は書きませんが。笑笑

出来るだけ基準の長さをしっかりはかって作成しましょう。

 

とりあえずは基準は船長のオリジナル。。

ここから自分のは少し長めでタコベイトをニッコーのタコベイトに。

アシストラインがオリジナルより柔らかいタイプしかなかったので140のゼスタのピンクの奴で。

 

今の試作で作ってみて思ったのはこれは案外太い方が良いかもです。

フック向きが安定してないのかちょっとバラシが多い気もします。

ふわふわ感が出てアピールはいいのかもしれません。。。

フォールで喰わせる時と巻きで喰わせる時と分けてもいいかもしれません。

 

通常に販売しているインチクと全く違う所と言っていいのは針のサイズです。

このサイズが最初から付いているインチクはほぼ無いと思います。

アシストもかなりしっかりしているのでかなりの大物でも大丈夫という所も好きな理由です。

 

ステンレスでの150以上が出来たらとても嬉しいのでドンドンアピールしていこう。笑笑

 

やはり島の人が作っただけあって島での釣りには合ってる気がします。

なんといっても島以外で釣りした事無いですからね!笑笑

 

興味が湧いたら使ってみて頂けたら嬉しいです!

皆様ぜひ。

釣り丸での釣果載せてくださいね!!

 

 

 

最近。。。

 

 

と。言う事で。。。。

またもや。。。

写真が少なすぎで。。。

 

f:id:take07233954:20181129142718j:image

いきいき祭りでヨコタオートさんがGarmin魚探を展示してました。。。

上位機種が展示されていたのですが。。。

申し訳ない。。。

自分ばっかり見てしまいました。笑笑

だめだめ人間です。笑笑

またヨコタさんから写真もらおう。笑笑

 


f:id:take07233954:20181129142806j:image

オイル交換の時間が来ました。

慣らしから数えて4回目のオイル交換です。。。

トータルで400時間。。。

相当ガソリン使いましたね。笑笑
f:id:take07233954:20181129142708j:image

エレメントを交換しましたが。。。

暖気でエンジン回したため結構エレメントに オイルが残っていてかなりこぼれちゃいました。。。

今度はちゃんとオイル受け作ろう。。。


f:id:take07233954:20181129142748j:image
f:id:take07233954:20181129142817j:image

塩気がだいぶあります。。。

ちゃんと最初にコーティングしてもらっているのでちゃんとエアーで飛ばせばかなり綺麗です。。。
f:id:take07233954:20181129142729j:image

上から入った塩気のある空気は下から排出されるようで下の方に水がたまります。。。

ここをしっかりメンテナンスの時に掃除しとけば大丈夫みたいです。
f:id:take07233954:20181129142757j:image

オイル交換をおわりメーターをリセット。。。

これでまた100時間でオイル交換ですね。

次はいつになるかなー。
f:id:take07233954:20181129142811j:image
f:id:take07233954:20181129142742j:image
f:id:take07233954:20181129142753j:image

オイル交換の空いてる時間にタモを改造。。。

伸ばす機構になっていたのですがその機構が錆びて来たので。。。。

いつ壊れるかわからないので先がなくなるまえに。。

改造。。。

長さを合わせて。

穴空け。

ボルトで固定。。。

これで当分は大丈夫でしょう。。。

 

 

 

f:id:take07233954:20181129142713j:image

最近このウマズラハギの養殖の出荷があり。。。
f:id:take07233954:20181129142737j:image

なかなか釣りに行く時間が作れませんでした。。
f:id:take07233954:20181129142723j:image

可愛いウマズラたち。。。

まだ来週も出荷があるのでもうちょっと我慢ですねー。

船のオイルも変えたし。あと車のオイルも変えたし。

あと車のタイヤ交換。。。。

 

冬支度を終わらせて釣り具も冬支度しなくちゃ。。。。